特区について

川崎町紹介

特区とは


特区とは構造改革特別区域(こうぞうかいかくとくべつくいき)、略称・構造改革特区(こうぞうかいかくとっく)は、従来法規制等の関係で事業化が不可能な事業を、特別に行うことが可能になる地域をいい、各地域の特性に応じて、地域の活性化を図るものです。

内閣府が「豊かな自然や文化」を活用した「地産・地習・e環境教育特区」として福岡県田川郡川崎町を認定しました。明蓬館高等学校は、この川崎町より「株式会社立学校」として認可された広域通信制課程の単位制、普通科(男女共学)の高等学校です。

明蓬館高等学校には、こうした川崎町の豊かな自然と文化を活かしたユニークな科目を取り入れ、また、規制緩和による様々な自由な教育環境(スクーリング日数の軽減、インターネットを利用した授業や学習システム、就業体験・資格取得等での単位取得等々)を提供することが出来ます。




本校のある町、川崎町

福岡県の、中央からやや南にあるのが川崎町です。


川崎町は、福岡県の中央内陸部の東寄りにあって、福岡市と北九州市のほぼ中間にある筑豊地域の やや南寄りに位置しています。南の英彦山連峰、北の福智山地、東西を丘陵地に囲まれた田川盆地の 南西部に南北に細く伸びた形をしています。

川崎町は、これからのまちづくりの命題として、「いきがい・ふれあい・安心のまち」をキャッチフレーズに、自然と共生した活力あふれるまちづくりを図っています。

豊かな自然をバックボーンに、室町時代の僧侶雪舟が築庭した国指定名勝「藤江氏魚楽園」を初め、 福岡県指定の民俗文化財が点在し、農産物加工・直売所、都市と農村交流施設果樹園レストラン 「ラピュタファーム」などが人気を呼んでいることもあり、主要観光施設の入込客は、年間20万人を 数えています。季節を問わず収穫出来る農産物の種類と量は豊富です。


日本の《自給自足》の原点がここにあります。


現在、食に関して世界は危機に瀕しているといわれています。都市住民を中心に自給自足への憧れ、自然への憧れというニーズが高まる一方です。 川崎町にある果樹園レストラン、ラピュタファームに行けばよくわかるのですが、そこでは季節を問わず新鮮な食料が身近に豊富にある、現実感に満たされる空間が広がっています。お客様のどの顔も、癒され、のびのびした穏やかな表情になっています。 お金で買えない価値、その最たるものが《自給自足のライフスタイル》です。


日本の中の、"北イタリア"、それが川崎町です。


世界に目を向けると、イタリア、フランスを中心に、農村に居住空間を持つ人が増えています。 夏のバカンスは、農村のセカンドハウスで、農作業にいそしみながら新鮮な食材でさまざまな料理を楽しみながら過ごす人が増えています。それがアグリツーリズモ、です。
世界中で田舎暮らし、スローライフ等の自然回帰志向が高まり、田舎暮らしや二地域居住を始める人も増えています。

また一方、日本でも世界でも、環境問題や食の安心・安全問題の顕在化により都市部の企業が農村の資源活用に着目しており、新たな事業としての農村地域の可能性を探っている状況です。


このページのTOPへ



川崎町、本校について

注目の、廃校利用のモデルが川崎町本校です。


平成18年3月、町内に6校あった小学校のうち2校が、合併によりそれぞれ閉校となりました。その内の1校が、安宅小学校です。寺子屋時代を含めると100数十年の、長い年月、子どもたちの学習を育み、地域の心のふるさと、とでも言うべき、年輪と風格のある学校校舎です。 地域の大きな期待を背負って、当校の本校として生まれ変わりました。


大規模な改修工事を経て、
宿泊機能を持つ校舎へとバージョンアップされました。


写真:本校
平成22年3月、本校舎はリニューアルされました。外壁工事、上下水道整備、宿泊施設整備が行われました。マイナスイオンに包まれた空間、澄んだ空気、近隣の方々も気軽に声をかける人情豊かな雰囲気が、不思議な気持ちにさせてくれます。
写真:本校 田園地帯の中で、高台に立つ校舎からは 朝には多くの鳥たちの声が聞こえます。広い空と照り映える夕日が見えます。ついつい大きく 深呼吸をしたくなる、それが当校自慢の、本校舎です。


■校名、明蓬館の由来

蓬の由来とする、蓬莱(ほうらい)とは、古代中国で東の海上にある仙人が住むと言われてきた仙境の一つとされ、道教の流れを汲む神仙思想で説かれた理想郷(パラダイス)とされます。明は、雪舟が1468年(応仁2年)遣明使として明に渡り、文物、宗教、風習など多くの影響を受けたとされることから、それにちなんだものです。 若者ならでは、の理想郷をかたときも失わずに、慈愛、奉仕、自己実現を貫いてほしいと念じて命名しました。

本校のある町、川崎町探訪


本校は、"地域がサポーター、地域のサポーター"を目指し、地域住民と協議会を年数回開催しながら、地域と一体化した学校運営を心がけています。

「食」「グリーンツーリズム」「アグリツーリズモ」の町、川崎町を歩くと、隠れた文化資源、観光拠点が豊富にあります。ここではその一部をご紹介します。


1

藤江氏 魚楽園

誌経の中の「魚楽しければ、人また楽し」から名付けら名僧、雪舟が築庭したといわれる庭園。 藤江氏 魚楽園


2

果樹園レストラン
「ラピュタファーム」

カフェレストラン、パン工房や梨・ぶどう狩りが人気。ランチバイキングはメニューが豊富。 果樹園レストラン「ラピュタファーム」<


3

田代の森

福岡県森林浴100選にも選ばれるリラクゼーションの森。安宅の不動橋から東へ田代まで延長3キロの林道を散策したり、山菜積みを楽しんだり出来る。 田代の森



4

戸谷ヶ岳

緑の樹木や植物が広がり、鳥のさえずりや蝉などの声が響き渡る。カッコウやキツツキなどの野鳥をバードウオッチング出来る。 戸谷ヶ岳キャンプ場


5

彼岸花群生地

安宅の小峠地区には棚田の緑や彼岸花の赤い色が、じゅうたんのように広がり見ごたえ充分。福岡県快適な環境スポット30選にも選ばれる。 彼岸花群生地

リンク集


「川崎(かわさき)町」公式サイト
ふるさとを愛し、ふれあいのある町:福岡県田川郡川崎町

川崎町 (福岡県) - Wikipedia

ラピュタファーム《川崎町が世界に誇る果樹園レストランの最高峰》

ウェブひたひこ山線/川崎町

たがわネット【田川地域観光ガイドネット】田川地域観光戦略策定協議会事務局

へいちくネット【平成筑豊鉄道沿線情報ネット】

川崎町に本社のある、《笑顔になれるスーパー》



「スクーリング(田舎暮らし体験)について」をみる


このページのTOPへ


このページのTOPへ

入学可能エリア

明蓬館高校は全国広域制通信制高等学校です。

北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県栃木県群馬県茨城県埼玉県千葉県東京都神奈川県新潟県富山県石川県福井県山梨県長野県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県

  • 明蓬館BLOG
    校長ブログ
    副校長ブログ
    入学相談室より
    キャンパス便り
  • 当校・特別支援アドバイザー 南雲明彦氏からのメッセージ
  • 1分でわかる! 明蓬館高校
  • 明蓬館高等学校,本校フェイスブック
  • 明蓬館高等学校品川キャンパスフェイスブック
  • 明蓬館高等学校インターナショナルコースフェイスブック
  • 明蓬館高等学校 校長フェイスブック
  • 明蓬館高等学校・すねっく(スペシャルニーズ・エデュケーションセンター) フェイスブック
  • 明蓬館高等学校 サポートキャンパス フェイスブック
  • 明蓬館高等学校 ツイッター twitter
  • 明蓬館高等学校 校長日野がつぶやき中 twitter
  • 明蓬館高校インターナショナルコースブログ
  • 支援員・相談員募集
  • 保育士を選ぶなら明蓬館の品川キャンパス
  • 社会人の高校卒業をサポート